So-net無料ブログ作成
検索選択

☆ お知らせ ☆

投稿してくださったコメントは、確認させていただいたうえで掲載しております。特別な問題がない限り公開しておりますが、非公開を希望される方は、その旨、お書き添えいただければ対応いたしますので、相談事等でもお気軽にお寄せください。
なお、連絡先はプロフィール欄に掲載しております。自宅の電話に応答のない時は留守番電話に録音していただくか、日本共産党の事務所を通じてご連絡ください。
前の10件 | -

今年の台風は、なんだか酷いですね [防災・安全]

25日、26日と江別市議会の各常任委員会が開かれ、それぞれの委員会で台風被害=おもに台風7号について行政側からの報告がありました。
総務文教常任委員会では、危機対策室から全体の流れについて、生活・福祉常任委員会では消防から出動の状況について、そして私が所属している経済・建設常任委員会は。。。

経済・建設常任委員会が所管するのは、今回の台風被害に関わる部がいくつもあります。

水道部下水道施設課からは、降雨量や下水道(雨水との兼ね合いもあります)関係の被害状況など。

一時間当たりの降雨量って、毎時間0分から59分までで区切ると実態がわからないことがあります。
報告された降雨量の計測は、集中的に降った時間帯の一時間で区切られています。
いずれも8月16日、
工栄町の江別浄化センターでは、20:18から21:17で75.5㎜/時間
大麻231番地の中継ポンプ場では、20:27から21:26で63.5㎜/時間
東光町の江別太中継ポンプ場では、20:13から21:12で37.5㎜/時間
場所によって降り方がまったく違うことが分かります。

被害状況は
車庫浸水が20件 (そのうち水道部で対応したのは9件)
下水流れの悪化が30件 (そのうち水道部で対応したのは29件)
マンホールの蓋が外れたのは14件 (江別市としての対応が12件、8件が下水道マンホール)とのことで、市道・道道・国道の区別なく対応したとのことです。

経済部農業振興課からは、農作物への被害状況の報告がありました。
台風7号では、大豆・小豆・キャベツ・馬鈴薯・ブロッコリーなど8品目16.75ha。
台風9号では、そのほかにレタスや玉ねぎなども加わり11品目48.98ha。
いずれもJA道央江別営農センターの報告書によるものです。
現時点でわかっている範囲の内容で、今後の生育状況を見なければならないとのことです。

建設部は道路管理課と治水課から報告。
通行止めになった道路と期間、排水機場の運転状況などについてです。
江別の顔づくり事業で開通した中原通のアンダーパス部分は、16日と17日の2回、通行止めになりました。

この後、勢力を増した台風10号が近づいてくるようです。
こんなに立て続けに台風に見舞われるなんて、記憶にありません。

各地で大きな被害が出ています。

これ以上、被害が広がらないと良いのですが、とても心配です。

江別市では、防災情報提供サービスも行っています。
メールだけでなく、電話やFaxでも受け取れます。
テレビに出る字幕より細かな情報が得られますので、併せてご利用ください。


江別市の要望を振興局に提出しました [議会外の活動]

7月28日、日本共産党の石狩地区議員団は石狩振興局へ出向き、管内各自治体の要望書を提出しました。
毎年行っていることですが、各振興局との懇談も経て、8月22日には北海道庁等への要望を行います。
振興局交渉 提出 P_20160728_095631.jpg

今回、江別市から提出した要望事項のうち、特に今後も追っていきたい項目をご紹介します。

ひとつは、精神障がい者の入院医療費の助成についてです。
精神・知的・身体といった障がい者に関する制度が一元化されて何年もたちますが、一部に精神障がいだけが違った扱いをされていることがあります。
今回気が付いたのは、入院医療費への助成制度。
「重度心身障がい者医療費助成制度」での医療費助成において、精神障がい者1級の方の入院が、この制度の対象に含まれていないのです。
これは不公平な状態ですので、改善するように求めました。

もう一つは、国民健康保険証の窓口留め置き(短期証)について、北海道から本人の手元に切れ目なく届けられるようにとの指導がありながら、江別市ではいまだに「接触機会を確保するため」などとして、短期保険証を市役所の窓口に留め置いたままにしている実態があります。
この実態を把握し、再度、通知し徹底することを求めました。

例年通り、振興局の答えは結局のところ「本庁に伝えます」なのですが、
精神障がい者の医療費助成については、さらに重ねて制度の欠陥ではないかと詰めました。
また、国保証の窓口留め置きについて重ねて質疑したところ、各市町村に対し交付に関する実態調査を行っているとの回答がありました。
それなら、保険証が届けられていない実態があることを道庁も知っているんですね?
ということになります。
振興局交渉 発言中 P_20160728_111610.jpg
引き続き、改善されるまで粘り強く取り組んでいきます!

所管施設の現地調査-大麻高区配水池・大麻低区配水池 [市政の話題]

所管施設の現地調査・・・などと言うとちょっと大げさですが、前回の投稿の続きです。

7月26日の経済建設常任委員会の調査では、午後は水道関係の施設調査を行いました。
調査というより、勉強ですね。

今回は、大麻高区配水池と大麻低区配水池を見せていただきました。

なにしろ市民に水を提供する重要な施設ですので、位置情報はわからないようにしておいた方が良いかと思いますので、ざっくりとした報告になりますが、ご容赦ください。

江別市の配水の状況は、2014年の断水の後の記事で紹介していますが、
大麻高区配水池は、漁川浄水場から引いた水を受けるところです。
P1010657高区配水池.JPG
(部分的な写真ですが・・・)
ここから文京台(南町を除く)・大麻地区・野幌鉄南地区に、水を送ります。
「高区」というのは、他と比較して高い所にあるからだそうで、海抜79m(聞き間違いでなければ)とのこと。

それ程広くない建物ですが、水の安全を守る装置が置かれています。
こちらは「緊急遮断弁制御盤」と書いてありました。
P1010651緊急遮断弁制御盤.JPG

震度計も設置され、いざという時の連絡手段=黒電話も。
P1010650震度計.JPG

次はいきなり飛んで、大麻低区配水池です。
聞き間違えていなければ、海抜64mとのこと。「低区」とはいえ、上江別浄水場と比べても高い所にあります。
右側に写っているのは文京台ポンプ場。
P1010684大麻低区配水池.JPG
文京台南町、そして野幌の鉄北地区に水が送られます。

大麻高区配水池からも上江別浄水場からも、水が送られてきます。

管は、こんな風に色分けされているんですね。
P1010660低区受水菅.JPG
P1010664低区配水池 菅.JPG

こちらの写真も、いざという時の備え。
P1010670上水道配水管管理図 震度計.JPG
紙ベースで配水管の資料が用意されています。
その横には、ここにもやはり震度計が設置されています。

うかがったところによると、大麻団地が造成された頃は、この大麻低区配水池から大麻地区に水が送られていたとのこと。
そんな変遷があったんですね。

タグ:水道 江別市

江別の農業-水稲、ハルユタカの種、花卉(かき) [市政の話題]

7月26日(火)に経済建設常任委員会が開かれ、現地調査を行いました。
農業関係と水道関係の視察でしたが、まず、農業の方からお伝えします。

まずおうかがいしたのは、豊幌の山本さんの水田。
去年もおじゃまさせていただいた農家さんですが、直播栽培に取り組んでおられ、ご本人が所有されているミスト機を使って播種するなどコストを抑える工夫もされている方です。
P1010624水稲ほしまる.JPG
今回見せていただいたのは「ほしまる」。
この品種は直播に向いた品種とのこと。直播栽培は育苗や田植えといった、手間と時間のかかる作業をカットすることができます。

直播といっても種籾をいきなり蒔くのではなく、水を吸わせて芽が出る準備をします。
作業用のトレーもいろいろ工夫されているそうで、並べて見せてくださいました。
P1010621育苗トレー.JPG


次におうかがいしたのは、東野幌の高橋孝弘さんの農場。
ここでは「ハルユタカ」の採種ほ場、つまり「ハルユタカ」の種を栽培している所を見せていただきました。
P1010632ハルユタカ採種ほ場.JPG

連作障害が起きないように、前作・前々作と管理されていて、ここでは昨年は大豆が栽培されていたことも表示されています。
標札には「管理日誌」と書かれ、施肥や農薬の管理がされています。
P1010629ほ場標札・管理日誌.JPG


3件目は、花卉栽培に取り組んでおられる西野幌の川上農園さん。
写真はトルコギキョウのハウス。
P1010638トルコギキョウ.JPG
デルフィニウムやストック、リンドウなども栽培されているとのこと。

小麦やブロッコリーなどの畑作もされていますが、平成4年から花卉栽培も取り入れられたということです。

こちらは「キイチゴ」。
P1010641キイチゴ.JPG
キイチゴといってもラズベリーのように実を採るのではなく、葉を使うのだそうで・・・
切れ込みの深い形で、重宝されるそうです。

このあと昼食休憩を取った後、水道関係の施設を視察しましたが、それはまた後ほど。


議会改革の検討課題-議案等への賛否の結果を議会報に掲載することについて [議会の見かた]

江別市議会では、議会運営委員会で議会をより良くしていく為の検討を続けています。

この間、江別市議会では、議案等の採決における各議員の賛否の態度について、ホームページ上に掲載するようになっています。
議会運営委員会では、その内容を議会報にも掲載することとし、その手法については議会報編集委員会で協議してもらうことになっていました。

今日の議会運営委員会に、議会報編集委員会での検討結果が報告されました。

なんと、「掲載できない」とのこと。

議会報編集委員会では、経費や事務局職員の作業量に配慮し、現状の8ページ建てを前提に協議を進めた結果とのこと。

他の議会と比べてみても、江別市議会の8ページというのは最も薄いほうのようです。
その中で内容を増やそうとすれば、無理がかかります。
うちの会派から出ている議会報編集委員は吉本議員ですが、聞いたところでは表紙の写真を削ることも協議したけれど、同意されない会派があり、一致に至らなかったとのこと。

残念です。

私が気になっているのは、議会のホームページには掲載されているのに、議会報では伝えられないということ。
インターネットを利用する方としない方とで差が開いていくことは、あまり良い形ではありません。
何らかの手段が講じられるべきだと思います。



「この道」しかないのか? [つぶやき]

ところで参院選、
選挙運動ができるのは今日いっぱい。

何か書いておかねばと思い、ひとこと。

安倍首相は、街頭演説でしつこいほどに野党共闘を批判しておられるようですが、
何故、日本共産党が候補を下してでも他の政党と共闘を進めたのか?
それは、日本の政治がそれだけとんでもない状況になっているから。

安倍首相は、選挙の争点を「改憲」から経済政策に誘導しようとされたようですが、
それじゃあアベノミクスはうまくいっているのか? ということが問われます。

これだけ国民が苦しんでいるのに、まだ「道半ば」とおっしゃる。
この先も、「この道」を進めるおつもりのようです。

本当に、首相の言うように「この道」しかないのでしょうか?

リンクを貼っておきますので、日本共産党が、どんな提案をしているのか、ぜひ確認してみてください。

社会保障を充実、ブラックな働き方を改めて、私たち普通に暮らしている大多数の庶民のフトコロを温めることこそ、最大の景気対策ではないでしょうか?

と思ってます!


消費税10%への増税前提の市税条例には反対しました。 [市政の話題]

定例会後は参議院選挙の選挙運動に邁進。
・・・なもので、議会の報告が全然できていませんでした。

6月議会で、日本共産党議員団が反対した議案は2件。
「江別市税条例の一部を改正する条例の制定について」と「江別市家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例の制定について」です。

家庭的保育事業等の云々の方は、吉本議員が所属する生活福祉常任委員会に付託され、審査が行われました。
国が、待機児童の解消などと言いながら、小規模保育事業A型と保育所型事業所内保育事業を対象に、保育士配置の要件の弾力化とか、保育士の資格を持っていなくても幼稚園教諭や小学校教諭等でも良いことにするなど、保育施設の質の問題にかかわる条例案で、日本共産党議員団は、保育は量的な問題だけでなく質的な面でも安心な保育が提供されるべきと考え、反対しました。

もう一つの反対した議案は、税条例。
討論原稿をコピーして載せておきますが、要するに消費税を10%に増税することを前提にした条例改正。

みなさんは、
あれ?10%増税は、また先延ばしになったんじゃないの? と、お思いでしょう。

再度の先延ばしは、安倍首相がそういったそうですが、国会で決まったわけではありません。
先の国会では、増税を前提で地方税法を「改正」したものだから、それに合わせて全国各地の地方自治体で条例改正の議案が提出されているのです。

さ~て、消費税はいったいどうなるのでしょう?
もし、増税が先延ばしになったら、また地方税法が「改正」されるのでしょうか?
「改正」の上塗り?
なんてことになるかも知れません。

もちろん、消費税増税には大反対!
生活困窮者も庶民も、そして大富豪までもが同じ税率だなんて、こんな逆進性の高い税金の制度。
格差がさらに拡大するでしょうし、こんな税金に社会保障の財源を頼るなんてとんでもないことです。

こんなことを主張し(こんな言い方はしませんでしたが)、精一杯の反対の討論をしました。
うちの議員団以外はみなさん賛成、議案は可決されてしまいましたが、言うべきことは言わなくっちゃ!


以下、討論原稿のコピーです。------------

議案第52号 江別市税条例等の一部を改正する条例の制定について、反対の立場から討論いたします。

本議案は、平成28年3月31日に公布された「地方税法等の一部を改正する等の法律」により、それに関連する条例改正をしようとするものですが、そもそもこの度の地方税法の改正は、消費税を平成29年4月から10%に増税することを前提としたものであることや、黒字大企業をいっそう優遇する内容などが盛り込まれているなどとして、国会において日本共産党は反対したところです。

当市議会に提案された条例案は、軽自動車税におけるグリーン化特例(軽課)の1年間延長や、再生可能エネルギーの導入促進に関わる償却資産の減額措置など、評価すべきものもあります。しかし、基本的に消費税の10%への増税を前提としていること、軽自動車税や法人税に関し、認められない問題があることから反対するものです。

軽自動車税については、来年4月に消費税率を10%に引き上げる際に自動車取得税を廃止することが前提となっています。それによって自動車取得税における、いわゆるエコカー減税などのグリーン化機能が失われることから、その代替として環境性能割が創設されるものであり、賦課徴収等は当分の間、北海道が行うとしております。また、税率については当面、2%が上限となっています。
自動車取得税との関係では単純に比較できるものではありませんが、新車販売台数の約半分は非課税となる見通しとのことで、普通車や軽自動車等、全体では約200億円の減税となるとの試算も見受けられます。一方、軽自動車においては、例えば自家用ではこれまでの6段階の区分から非課税・1%・2%の3段階の区分となり、より厳しい燃費基準である平成32年度燃費基準達成車でも影響を受けるなど、増税の範囲は広いとも指摘されています。

法人税に関しては、平成26年の消費税8%への引き上げ時に国税として地方法人税を創設し、「地域間の税源の偏在性を是正し、財政力格差の縮小を図るため」として、地方税である法人住民税の一部を地方法人税に組み換え、地方交付税の原資とする仕組みがつくられました。
この度の改正は、消費税10%への引き上げ時に同様の地域間格差が発生するとして、法人住民税率については道府県民税について3.2%から1.0%、制限税率2.0%へ、市町村民税では9.7%から6.0%、制限税率8.4%へ引き下げ、その引き下げ分について地方法人税率を4.4%から10.3%へ5.9%引き上げ、地方交付税原資化の規模を拡大しようとするものです。

そもそも自治体間の税収格差の是正は、地方交付税の財源保障と財政調整の両機能を強化することでなされるべきであり、今回の改正においても、税収の偏在是正措置の拡大は、消費税10%への増税と消費税を地方財政の主要財源に据えていく狙いと一体のものとなっていることから、反対するものです。

以上。


「休憩します!」 [議会の見かた]

こんなことを書くとマズイかな?
と思いつつも、議会の委員会での出来事ですので、話題に載せちゃいます。
(該当する課長さん、ごめんなさい)

先日の江別市議会某委員会での出来事。

江別市議会の委員会は、予算特別委員会をのぞけば発言の事前通告制を取っておらず、質疑をする際も会派に関係なく次々と関連で質疑しますし、行政側もその場で考えながら(もちろん、どんなことを聞かれるか想定して準備して臨んでいるようです)答弁しますので、時としてハプニングもあります。

そんな中での先日のハプニング。

次々と繰り出される議員からの質疑。
答弁に詰まった課長さんがスッと手を挙げ、委員長(議会の委員会ですので、議員が委員長をしています)に向かって

「休憩します!」
・ ・ ・ ・ ・
傍聴していた議員も含めて、大爆笑!

普通は、答弁に詰まった時は委員長に
「休憩をお願いします」と申し出て、
委員長がそれを認めたときに
「それでは答弁調整のため、暫時休憩します」とさばくのです。

休憩するかどうかは、委員長の権限です。

この課長さんは、委員長の権限を侵そうなんて大それた考えをする人物ではなく、緊張のため間違ったのだと誰の目にも明らかなのと、その課長さんの持ち前のキャラクターのせいで、委員会室は大爆笑の渦。

もちろん、ベテランの委員長は冷静にさばいていました。

議会運営・委員会運営について、ちょっとした勉強になるハプニングでした。



議会のICT化・SNSの活用 [議会の見かた]

5月の話題です。

江別市議会・議会運営委員会では、5月18日から20日まで議会運営に関する視察をしてきました。
議会運営委員の10名に議長と副議長も加わり、結構な人数ということもあり、A・Bの2班に分かれての視察です。

私はB班(班分けは事務局の方で会派などに配慮しながら分けています)で、東京都立川市、千葉県流山市(流山市はA班と合流)、埼玉県飯能市の3か所の調査です。

テーマは、
・議会広報としてのSNSの活用
・議会のICT化
・議員定数・議員報酬のあり方を検討する場の設置について です。

議会運営委員会として報告の取りまとめがされていますが、私の個人的な感想も含めて、ここに書いておこうと思います。

立川市議会では、議会のICT化とSNSの活用についての調査です。

立川市議会では平成26年度からiPad Airを利用しており、議員と議会事務局に支給。
議会の議案や委員会資料、予算書・決算書を、iPadで見ることができます。
導入は、当時、若手議員からの要望があり、既に実施していた逗子市に議会運営委員会として視察に行くなどして検討を進め、導入を決定したとのこと。
クラウドサービス(東京インタープレイ)を利用しており、クラウドユーザー(使用者)は議員と行政職員の範囲。
議会で使用する資料のほか、会議の通知にも利用しています。
ただ、議会資料については「紙」での提供も続いていて、ペーパーレス化への効果は限定的とのこと。

議員としては、重い資料を持ち歩かなくてもいいので、私としてはすごく興味がありますが、初期費用の他に年間200数十万円の経費がかかっているので、江別市議会で導入する際には、利用内容や方法などをしっかり検討して、「お金をかけた甲斐がある」と市民に言っていただけるような取り組みにしなければならないと思いました。

SNSは、ツイッターを利用。
他の議会でも同様ですが、議会事務局による情報発信のみの利用です。
議会のツイッターには、
「東京都立川市議会の公式アカウントです。議会に関する情報を発信します。発信専用のため、個別の対応は致しませんので、ご了承下さい。ご意見等、ご質問等は直接、議会事務局へお寄せ下さい。」
との説明書きがあります。

議員がアップすることも考えた経緯はあるそうですが、大学の先生を呼んでの研修会から、議会改革の「そもそも」に立ち返って再び検討が始まり、現状のままになっているそうです。


流山市議会ではICT化、SNSの活用、議員定数・議員報酬のあり方を検討する場の設置について調査。

ICT化については、各議員にタブレットが支給され、いまのところ本会議での採決にのみ、使用とのこと。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=615558258620091&set=a.282873991888521.1073741855.100004977665548&type=3&theater

SNSは、ツイッターとフェイスブックを利用。
ここでもやはり、情報発信のみです。

議員定数・議員報酬のあり方を検討する場の設置については、
平成25年3月1日に「議員定数等に関する検討協議会」が設置(10名の議員で構成)され、その後同年6月13日に、より踏み込んだ議論をする為、「議員定数等に関する特別委員会」が設置されたとのこと。

議員間の自由討議による議論の他、参考人制度を活用して専門知識を持つ大学教授の招致、公聴会や市民との意見交換会なども取り組まれています。
検討の結果、特別委員会としての統一した結論には至らなかったとのこと。
その後、議員提案で2名削減と4名削減の定数条例の改正案が提案されていますが、こちらも2件とも否決。
ということでした。


飯能市議会では、ICT化について調査しました。

平成24年に導入した際はARROWSを利用、今年5月からはiPadAirに切り替えたとのことでした。
クラウドは、立川市と同様、東京インタープレイ。
飯能市議会では、タブレットの導入の際、目的の一つにペーパーレス化を掲げ、紙使用量削減枚数・費用削減効果を明確に示していました。(年間約約10万枚・210万円)
私たちの調査も、iPad上に資料を示して説明されていました。
危機管理にも活用していて、災害時の緊急連絡に利用しているとのことでした。


調査した内容は、今後の議会運営委員会で検討を進めていくことになります。
立川市の所で書いたように、議会側の満足で終わらないように、江別市民にとって良い方向に進むことを外さないように留意して考えて行きたいと思います。


戦後を「戦前」にしないために [議会外の活動]

5月3日は憲法記念日。
江別でも、江別9条を考える集い実行委員会による記念講演会が行われました。
P1010604憲法集会 - コピー.JPG
「江別9条を考える集い実行委員会」は、9条江別市民の会やえべつ9条の会(俗に民主党(民進党?)系とか共産党系とか言われますが、あくまでも市民団体であり市民による自主的な団体です)などをはじめとした憲法9条を守ろうと活動する団体が、力を合わせて行動しています。

今年は、北海道合同法律事務所の佐藤博文弁護士に、講演していただきました。

2014年から15年にかけて、憲法をめぐる大きな動きがありました。
その経緯について触れるとともに、その内容がとんでもないことであること、そして平和の問題とともに、私たちのくらしの問題(子どもの貧困や実質賃金の低下)についてもお話されました。

「特定秘密保護法」の制定や「防衛装備移転3原則」の閣議決定、「文民統制廃止」の閣議決定安保法制(戦争法)の成立・施行など、一連の動きを見れば、政府の狙いがどこにあるのかはっきりとわかると思います。

さらに安倍首相は、7月の参議院選挙で政府与党の議席を増やし、憲法を変えようとしているのですから、私たちはさらに力をつけて頑張らなければなりません。

私は街頭で宣伝するとき、自衛隊員のことにも触れて訴えさせていただいています。
もともと憲法9条があるからと、それを信じて入隊された方も少なくないと思います。
日本国民の命を守るための任務に、誇りを持って従事されていることと思います。

それが、日本国が攻撃を受けていなくても、そして「周辺」という枠組みもはずして、たとえば「米軍等の武器等の防護」など、限りなく戦争に加わっていく法律の「改正」や新規の制定がされてしまいました。

安倍政権は、憲法に反する法律をつくってしまうという、とんでもないことをしでかしたのです。

いま、最も不安を感じておられるのは、自衛隊員の方々ではないでしょうか?
こんな暴走政治の犠牲にさせるわけにはいきません。

もともと憲法は「国家権力」が暴走しないように、制限をかけるためのもの。
国民は、国に憲法を守らせなければなりません!

記念講演の後には、参加者でピースパレードも行いました。

いろいろな都合により、私がコーラー(シュプレヒコールのかけ声をかける人のことをこう呼ぶそうです)を務めました。
私の記憶に間違いがなければ、たぶん、初めてです。

ちょっと字余りのコールもありますが、楽しませていただきました。

《シュプレヒコール!》
憲法改悪 反対!
憲法を くらしに生かそう!
暴走政治に ストップかけよう!
貧困と格差を なくしましょう
社会保障を 充実させよう
被災者の くらしを再建しましょう
原発再稼働は 許しません
沖縄の 辺野古に基地はつくらせません!
戦争する国づくり ストップしよう
自衛隊を 戦場に送るな  
若者の 命を守ろう

安保法制 憲法違反!
戦争法は廃止しよう
立憲主義を取り戻しましょう
民主主義を取り戻しましょう
主権者は 国民です!
武力で平和は つくれません
憲法9条 守りましょう
みんなの力で 守りましょう

憲法 守ろう
9条 守ろう
くらしを守ろう
人権 守ろう
未来を守ろう 子どもを守ろう 大人が守ろう 命を守ろう  
平和を守ろう   憲法改悪 絶対反対!


前の10件 | -