So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の台風は、なんだか酷いですね [防災・安全]

25日、26日と江別市議会の各常任委員会が開かれ、それぞれの委員会で台風被害=おもに台風7号について行政側からの報告がありました。
総務文教常任委員会では、危機対策室から全体の流れについて、生活・福祉常任委員会では消防から出動の状況について、そして私が所属している経済・建設常任委員会は。。。

経済・建設常任委員会が所管するのは、今回の台風被害に関わる部がいくつもあります。

水道部下水道施設課からは、降雨量や下水道(雨水との兼ね合いもあります)関係の被害状況など。

一時間当たりの降雨量って、毎時間0分から59分までで区切ると実態がわからないことがあります。
報告された降雨量の計測は、集中的に降った時間帯の一時間で区切られています。
いずれも8月16日、
工栄町の江別浄化センターでは、20:18から21:17で75.5㎜/時間
大麻231番地の中継ポンプ場では、20:27から21:26で63.5㎜/時間
東光町の江別太中継ポンプ場では、20:13から21:12で37.5㎜/時間
場所によって降り方がまったく違うことが分かります。

被害状況は
車庫浸水が20件 (そのうち水道部で対応したのは9件)
下水流れの悪化が30件 (そのうち水道部で対応したのは29件)
マンホールの蓋が外れたのは14件 (江別市としての対応が12件、8件が下水道マンホール)とのことで、市道・道道・国道の区別なく対応したとのことです。

経済部農業振興課からは、農作物への被害状況の報告がありました。
台風7号では、大豆・小豆・キャベツ・馬鈴薯・ブロッコリーなど8品目16.75ha。
台風9号では、そのほかにレタスや玉ねぎなども加わり11品目48.98ha。
いずれもJA道央江別営農センターの報告書によるものです。
現時点でわかっている範囲の内容で、今後の生育状況を見なければならないとのことです。

建設部は道路管理課と治水課から報告。
通行止めになった道路と期間、排水機場の運転状況などについてです。
江別の顔づくり事業で開通した中原通のアンダーパス部分は、16日と17日の2回、通行止めになりました。

この後、勢力を増した台風10号が近づいてくるようです。
こんなに立て続けに台風に見舞われるなんて、記憶にありません。

各地で大きな被害が出ています。

これ以上、被害が広がらないと良いのですが、とても心配です。

江別市では、防災情報提供サービスも行っています。
メールだけでなく、電話やFaxでも受け取れます。
テレビに出る字幕より細かな情報が得られますので、併せてご利用ください。


江別市の要望を振興局に提出しました [議会外の活動]

7月28日、日本共産党の石狩地区議員団は石狩振興局へ出向き、管内各自治体の要望書を提出しました。
毎年行っていることですが、各振興局との懇談も経て、8月22日には北海道庁等への要望を行います。
振興局交渉 提出 P_20160728_095631.jpg

今回、江別市から提出した要望事項のうち、特に今後も追っていきたい項目をご紹介します。

ひとつは、精神障がい者の入院医療費の助成についてです。
精神・知的・身体といった障がい者に関する制度が一元化されて何年もたちますが、一部に精神障がいだけが違った扱いをされていることがあります。
今回気が付いたのは、入院医療費への助成制度。
「重度心身障がい者医療費助成制度」での医療費助成において、精神障がい者1級の方の入院が、この制度の対象に含まれていないのです。
これは不公平な状態ですので、改善するように求めました。

もう一つは、国民健康保険証の窓口留め置き(短期証)について、北海道から本人の手元に切れ目なく届けられるようにとの指導がありながら、江別市ではいまだに「接触機会を確保するため」などとして、短期保険証を市役所の窓口に留め置いたままにしている実態があります。
この実態を把握し、再度、通知し徹底することを求めました。

例年通り、振興局の答えは結局のところ「本庁に伝えます」なのですが、
精神障がい者の医療費助成については、さらに重ねて制度の欠陥ではないかと詰めました。
また、国保証の窓口留め置きについて重ねて質疑したところ、各市町村に対し交付に関する実態調査を行っているとの回答がありました。
それなら、保険証が届けられていない実態があることを道庁も知っているんですね?
ということになります。
振興局交渉 発言中 P_20160728_111610.jpg
引き続き、改善されるまで粘り強く取り組んでいきます!

所管施設の現地調査-大麻高区配水池・大麻低区配水池 [市政の話題]

所管施設の現地調査・・・などと言うとちょっと大げさですが、前回の投稿の続きです。

7月26日の経済建設常任委員会の調査では、午後は水道関係の施設調査を行いました。
調査というより、勉強ですね。

今回は、大麻高区配水池と大麻低区配水池を見せていただきました。

なにしろ市民に水を提供する重要な施設ですので、位置情報はわからないようにしておいた方が良いかと思いますので、ざっくりとした報告になりますが、ご容赦ください。

江別市の配水の状況は、2014年の断水の後の記事で紹介していますが、
大麻高区配水池は、漁川浄水場から引いた水を受けるところです。
P1010657高区配水池.JPG
(部分的な写真ですが・・・)
ここから文京台(南町を除く)・大麻地区・野幌鉄南地区に、水を送ります。
「高区」というのは、他と比較して高い所にあるからだそうで、海抜79m(聞き間違いでなければ)とのこと。

それ程広くない建物ですが、水の安全を守る装置が置かれています。
こちらは「緊急遮断弁制御盤」と書いてありました。
P1010651緊急遮断弁制御盤.JPG

震度計も設置され、いざという時の連絡手段=黒電話も。
P1010650震度計.JPG

次はいきなり飛んで、大麻低区配水池です。
聞き間違えていなければ、海抜64mとのこと。「低区」とはいえ、上江別浄水場と比べても高い所にあります。
右側に写っているのは文京台ポンプ場。
P1010684大麻低区配水池.JPG
文京台南町、そして野幌の鉄北地区に水が送られます。

大麻高区配水池からも上江別浄水場からも、水が送られてきます。

管は、こんな風に色分けされているんですね。
P1010660低区受水菅.JPG
P1010664低区配水池 菅.JPG

こちらの写真も、いざという時の備え。
P1010670上水道配水管管理図 震度計.JPG
紙ベースで配水管の資料が用意されています。
その横には、ここにもやはり震度計が設置されています。

うかがったところによると、大麻団地が造成された頃は、この大麻低区配水池から大麻地区に水が送られていたとのこと。
そんな変遷があったんですね。

タグ:水道 江別市

江別の農業-水稲、ハルユタカの種、花卉(かき) [市政の話題]

7月26日(火)に経済建設常任委員会が開かれ、現地調査を行いました。
農業関係と水道関係の視察でしたが、まず、農業の方からお伝えします。

まずおうかがいしたのは、豊幌の山本さんの水田。
去年もおじゃまさせていただいた農家さんですが、直播栽培に取り組んでおられ、ご本人が所有されているミスト機を使って播種するなどコストを抑える工夫もされている方です。
P1010624水稲ほしまる.JPG
今回見せていただいたのは「ほしまる」。
この品種は直播に向いた品種とのこと。直播栽培は育苗や田植えといった、手間と時間のかかる作業をカットすることができます。

直播といっても種籾をいきなり蒔くのではなく、水を吸わせて芽が出る準備をします。
作業用のトレーもいろいろ工夫されているそうで、並べて見せてくださいました。
P1010621育苗トレー.JPG


次におうかがいしたのは、東野幌の高橋孝弘さんの農場。
ここでは「ハルユタカ」の採種ほ場、つまり「ハルユタカ」の種を栽培している所を見せていただきました。
P1010632ハルユタカ採種ほ場.JPG

連作障害が起きないように、前作・前々作と管理されていて、ここでは昨年は大豆が栽培されていたことも表示されています。
標札には「管理日誌」と書かれ、施肥や農薬の管理がされています。
P1010629ほ場標札・管理日誌.JPG


3件目は、花卉栽培に取り組んでおられる西野幌の川上農園さん。
写真はトルコギキョウのハウス。
P1010638トルコギキョウ.JPG
デルフィニウムやストック、リンドウなども栽培されているとのこと。

小麦やブロッコリーなどの畑作もされていますが、平成4年から花卉栽培も取り入れられたということです。

こちらは「キイチゴ」。
P1010641キイチゴ.JPG
キイチゴといってもラズベリーのように実を採るのではなく、葉を使うのだそうで・・・
切れ込みの深い形で、重宝されるそうです。

このあと昼食休憩を取った後、水道関係の施設を視察しましたが、それはまた後ほど。