So-net無料ブログ作成
まちの話題 ブログトップ
前の10件 | -

幸福を追求してもいいんだ! [まちの話題]

5月3日の憲法記念日、札幌で開かれた憲法集会に参加しました。
テレビのニュースでも報じられた、いわゆる「憲法擁護」側の集会です。
一方で、「憲法改正派」の集会も報じられていましたが、雰囲気の違いは伝わったでしょうか?

P1010912憲法集会.JPG
私が参加した大通公園での集会には、市民活動をしている方たちや労働組合活動をしている方たち、そして戦争法(安保法)廃止を求めて活動しているユニキタの方たち、さらに私のようにプラッと参加した人など、いろんな人がいて、にぎやかでした。

あれっと思うかも知れませんが、この集会では、私が所属する団体というのはなくて、私は個人的な参加なんです。
もちろん、知っている人もたくさんいましたが、なんとな~く一緒にいるという感じの参加です。

紙智子参議院議員と、はたやま和也衆議院議員にお会いすることができました。
P1010918紙さん畠山さん.JPG
森つねと(1区予定候補者)さんw
P1010919森つねとさん.JPG

それにしても参加して良かった。
私の活動にとって、とても良い勉強になりました。
街なかで宣伝するとき、どんなことをお話すれば私の想いを伝えることができるのだろう、より良く表現できるのだろうと考えることも多いのですが、この集会でスピーチされている方の話しぶりは、日常生活の中や友達との会話、それぞれの場所での活動の中から感じたことを率直に、そして具体的に話されていました。
P1010908憲法集会 プラカード.JPG
パレードの映像がテレビで流れましたが、大勢の人で声を合わせてアピールするときは、「憲法守ろう!」みたいな感じで単純化された言葉になってしまいますので、その場面しか見ていない方には、何らかの主義を持った特定の団体の集まりにしか見えないかもしれませんね。

ぜひ、機会があったら、近くでようすを見ていただきたいと思います。

勉強になったと感じた要素はたくさんあるのですが、そのなかで特に感心したのは若い方たちのお話。
憲法に関して大学の友達の声を聴きとる活動をしていて、だけど日常生活の中で憲法って考える機会も余裕もないのが一般的で、なかなか思うようにいかない。
そこで具体的な話題で切り口をつかんでいくのですが、実にいろんな想いを聴き取っています。

そのなかのひとつが、
「幸福を追求してもいいんだ!?」
という言葉が、友達から帰ってきたという内容でした。

日本国憲法 第13条 すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

最近の雰囲気って、なんだかギスギスしていると感じませんか?
日々の生活で精いっぱいで、余裕のない感じ。
そんななかで青春時代を送っている若い人たちって、大変だと思います。

憲法に謳われている「幸福追求権」。
これを自分たちのものにしていくことを、多くの人たちと広げていきたいな~
もっともっと、みんなで幸せになろうよ!
と、感じたのでした。

憲法改正を訴える方たちは、時代の変化を理由にしていますが、その進む先は戦争につながりそうで暗い感じがします。
大学までの教育の無償化を打ち出したりもしていますが、義務教育の小中学校さえもお金を払わなければならないことが多すぎます。就学援助だって、国は生活保護水準までしか責任を持った対応をしていません。
大学までの無償化は結構なことですが、やる気があれば憲法を変えなくたってできることですし、現状においてやるべきことはいっぱいあります。

憲法の前文と各条項を、具体的に私たちの生活に沿って考えていけば、もっともっとゆたかな社会が浮かんでくるように思います。

いまの政治に照らすと夢物語のようにも思えますが、実際に私たちが持っている憲法なのですから、それを生かしていかなければもったいないです。

なんだかとりとめのない記事になってしまいました。
P1010921憲法集会 パンジー.JPG

ЁBRI がオープンしました! [まちの話題]

既にテレビや新聞報道でご存知のことと思いますが、いよいよЁBRIがオープンしました。

ЁBRI のEの文字は、上にちょんちょん(笑)が付いていてちょっと面倒なので、これからブログに書くときはカタカナで「エブリ」にしようかな・・・

前にもお知らせしたようにレンガでできた建物なので、江別にはこれまでなかったような、ちょっと素敵な雰囲気の商業施設です。

高砂駅近くに店舗を構えているベイクドアルルさんが、スイーツとパンとイタリアンレストランのお店を出していて、しかもパンを焼く窯まで造られていて、なかなかすごいです。

私は経済建設常任委員ということで竣工式の案内をいただきましたので、グランドオープンの前日に拝見させていただきました。

えぶり市場の一角にはHUGさんが!
P1010513HUG.JPG
アルルさんの関係のスイーツのお店
P1010515アルル.JPG
イタリア風のパン屋さん
P1010518パン.JPG
レストラン
P1010523イタリアンレストラン.JPG
こちらはM’LLEさん
P1010524M’LLE.JPG
NOPPORO COFFEEさん
カウンター席とテーブル席があります。
P1010527の.JPG

駐車場もたっぷりとられていますが、野幌駅からも徒歩5分程度なので、割と行きやすい場所だと思います。

議会最終日の前日ということもあってゆっくりできませんでしたが、近いうちにまた行きたいと思います。
今度はゆっくり食事もしたいです!


都市計画審議会がありました [まちの話題]

またまたサボり気味のブログ。
この間もいろいろあったのですが、忙しさにまぎれてつい・・・

きっと、前に書いた大麻地区のジョイフルエーケー出店に関わる「地区計画の決定」がどうなったのか、気になっている方も多いと思います。

都市計画審議会は1月18日に開催され、市長の諮問を受け審議した結果、市長の諮問通り「可」と答申することになりました。

前にも書いた通り、私はこの計画に疑問を持っています。
人口減少と高齢化が進むもとで、このような大型の店舗でいいのか?ということと、自家用車の利用を前提としたこういうタイプの店舗でいいのかという疑問です。

もちろん、市内の既存商店への影響も心配です。

当日の審議会では、なんだか独り相撲のようにも感じましたが、それでも言うべきことは言わせていただき、賛成できない旨もお伝えしました。

これからのまちづくりは、このような一つひとつのことに丁寧に対処していかなければならないと思った次第です。

なお、今後も必要な手続きがあり、ジョイフルエーケーの開店はまだしばらく先です。
店舗面積も大曲店(延床面積:約35,500㎡)よりも、さらには屯田店(約26,000㎡)よりも小さく、22,000㎡。大曲店のようなお店を想像していると、ガッカリするかも知れません。

今後、どのような経過をたどるのか、しっかりと見て行かなければならないと思います。

美味しい江北・異業種交流会 [まちの話題]

フェイスブックの「友達」に約束した話題をアップします。

今月22日、野幌公民館で「第3回 都市と農村 美味しい江北・異業種交流会」が開かれました。
第3回ということですが、私は初めての参加です。

今年度から市議会の経済建設常任委員会に所属したので、このようなイベントのご案内をいただいたのだと思います。
江北まちづくり会の主催です。
参加費3,500円。

江北地区の農産物を利用したお料理がいっぱい紹介されていて、すごいんです。
調理は「ケータリング ピリカ」さん。

とにかく、並べられた料理の一部をご紹介します。
(参加者が並んでいる間から撮影したので、ピントや構図があまり良くありません。ご容赦を!)

人参のたらこ和え
P1010487人参のたらこあえ.JPG

焼きがんもどき
P1010488焼きがんもどき.JPG

南瓜のきなこまぶし
P1010489かぼちゃのきなこまぶし.JPG

長いものゆかり漬け
P1010490長いものゆかり漬け.JPG

豚肉と白菜のミルフィーユ鍋
P1010491豚肉と白菜のミルフィーユ鍋.JPG

ハスカップ寿司
P1010492ハスカップ寿司.JPG

牛乳豆腐のすき焼き
P1010495牛乳豆腐のすき焼き.JPG

もっともっといっぱいあったのですが、早い段階で撮影できたのはこの範囲。
牛乳豆腐は、初めていただきました。
カテージチーズのような感じで、これはきっといろいろアレンジできるだろうなとイメージが膨らみます。
南瓜ときなこの取り合わせもユニークでした。

このあともう一件、行かねばならないところがあり、すべての料理をいただけなかったことが悔やまれます。


EBRI の(プレ)オープニングイベント [まちの話題]

旧ヒダ工場を利用した新しい施設「EBRI」が、プレオープン!

12日にはオープニングセレモニーが開催され、経済建設常任委員として参加してきました。
いろいろな経緯のある建物ですが、既存の部分を活用しながらも耐震化工事を施し、見違えるような建物になりました。
イベントのようすは市のホームページに掲載されていますので、
私からは写真でご紹介。

南側のメインの入り口
P1010404EBRI南側入口.JPG

線路側から外観を写しました。
こちら側は駐車場になっています。
P1010441線路側から.JPG

この建物、近代化産業遺産なんです。
P1010442EBRI.JPG

建物内部の中央部分。
左右の明るいところが、それぞれ南北の入口です。
P1010439メイン通路.JPG
古い梁などを残しながら、耐震補強をしています。

アンテナショップ GET’S
P1010424アンテナショップ.JPG

正直なところ、GET’S というネーミングはいかがなものかと心配していましたが、おしゃれにデザインされていました。
P1010427アンテナショップ GET‘S.JPG

壁にはこのようなチョークアート
P1010425アンテナショップ 壁.JPG

トイレの表示もおしゃれです。
(すごく混んでいたので、中は撮影できませんでした)
P1010414トイレ.JPG

P1010416トイレ どなたでも.JPG

改修工事に携わった方がご挨拶で、いまならこのような建物は建てられないとおっしゃった言葉にはこんな意味もあるのかと・・・
レンガの積み方、きれいではありませんがアジがあります。
P1010431レンガ積み.JPG

小窓からは、列車が通るのを眺めることもできます。
高架になっていて、防音壁があるのがちょっと邪魔ですが、、、
P1010446窓から列車.JPG

そして、この場所での最初で最後のコンサート。
いまは工事の途中で、店舗が入ってなくて壁も設置されていないから、広い空間を使うことができました。
天井が高くて、音が柔らかに広がりました。
P1010447コンサート.JPG

3月のグランドオープンまで、この後もいくつかのイベントが準備されていて、今週末はLOPPISです。
市のホームページにも紹介されています)
LOPPIS さんのブログもご紹介しておきます。

江別市民にとって、そして市外から来られるお客様にとって、魅力的な場所となることを期待しています。


戦争法案廃案 国会10万人・全国100万人 江別大行動 [まちの話題]

8月30日の国会前の大行動、そして全国の行動に呼応し、江別では29日に集会とデモ行進が行われました。

一般のマスコミでは十分伝えられていないようですので、赤旗特別号外をリンクさせておきます。

戦争法案廃案!安倍政権退陣!国会前10万人・全国100万人江別大行動実行委員会の主催です。
市民団体のほか、教会やお寺、労働組合など、いろいろな団体に呼びかけがあり、立ち上げられた実行委員会です。
先の議会で戦争法案に関する請願・陳情に賛成した市議会内の会派にも呼びかけられました。

そこでこの後の写真にもあるように、民主党と日本共産党ののぼりが一緒に行進することとなったワケです。

集会参加者は、主催者発表200人。
でも、それ以上にいただろうとの声。
200枚用意したプログラムを参加者に配りきったので200人・・・ということのようですので、やっぱりそれ以上の参加者がいたとみるのが正しいのかも(笑)

さらに、翌日の「とうきびまつり」に参加した135人も賛同すると決議したとのこと。
どんどん輪が広がります。

明日から議会で、その準備に追われています。
ですので、写真でその時のようすをご紹介します。

P1010300江別大行動 集会.JPG

P1010290江別大行動 高橋.JPG

P1010303江別大行動 民主党と共産党.JPG

P1010308江別大行動 パレード.JPG


ホルスタインショウに行ってきました [まちの話題]

昨日は江別市のホルスタインショウ。
毎年この時期に、西野幌の農村広場で開かれています。

今年から議会で、「経済建設常任委員会」に所属しましたので、今回はご案内をいただいての参加です。

この間、委員じゃなくてもおじゃましてきましたが、今年は「勉強」させていただくという点で、見ていても気持ちが違います。

ホルスタインは、産業動物(経済動物)として飼育されていて、野生動物や愛玩動物とは違った考え方で管理されています。
酪農家さんにとっては、大事な財産。
そして私たち消費者にとっては、大事な食糧。

酪農家さんが良い経営状態を維持していくことは、江別市としても重要なことです。


それにしても、きれい!
P1010181ホルスタインショウ.JPG
良い牛を出陳されているのでしょうから、きれいな牛がそろっているのは当たり前かもしれませんが、ほれぼれしてしまいます。

今年は全国大会が北海道で開かれるとのこと。

がんばれ! 江別のホルスタイン&酪農家さん!


空から見た江別の変化 [まちの話題]

昨日は、野幌公民館で行われている「えべつ環境広場」に行ってきました。

会議と会議の合間の時間でしたので、ゆっくり見られなくて残念。
でも、お目当ての空からの写真はしっかりチェックしてきました。

写真を貼りました。
・・照明やカメラのストラップの写りこみは見逃してください(苦笑)

なかなか面白いです。
工事中の国道12号。
江別駅の近くを通っていたルートから、現在のルートへの付け替え工事です。
車と人の流れがガラッと変わったと、昔からお住まいの方にお聞きしました。
P1010155国道12号工事中.JPG

市街地化される前の写真からは、昔の地形を知ることができます。
川が流れていた跡があったり、沢が走っていて埋め立てられたことがわかったり、その土地がどんなリスクを持っているのか知っておくことは、災害への備えに活かすことができると思います。
P1010151川?.JPG
P1010152沢の跡.JPG
P1010150南大通付近.JPG

水道部の利き水コーナーに、今年もおじゃましました。
エビアンと、上江別浄水場の水と、漁川浄水場の水の飲み比べです。
上江別と漁川で間違えました (汗)

環境広場は今日もやっています。
今日の予定はこちらにリンクを貼っておきます。
コーナーによって展示時間が違ったり、定員の決められている催し物がありますので、予めご確認ください。

「関矢留作・マリ子を語る」 - えべつ平和を語るつどい [まちの話題]

昨日8月3日、野幌公民館で
第19回 えべつ平和を語るつどいがありました。
P1000820第19回平和を語るつどい.JPG

語り手は野幌在住の芝田和子さん
関矢孫左衛門のお孫さんにあたります。

お話は、
「昭和の暗い時代を生き抜いた父母 関矢留作・マリ子を語る」 と題して、
お二人が手掛けた『野幌部落史』編纂と、そこに至る過程についてです。

芝田和子さんのお話は淡々と、そして当時を想像させるものでした。

留作さんは、野幌開村50周年記念事業として野幌部落史編纂の委嘱を受け、取材して歩いたものの、急病にて亡くなり、その後、マリ子さんが執筆することになったとのこと。

さらに、そのお話を詳しく解説するように、宮田汎さんから
『野幌部落史』への道 -関矢留作さんとマリ子さん
と題したお話がありました。
P1000813野幌部落史への道.JPG
民衆の歴史として詳細な調査をしようとしたものの、戦時下においては燕麦や亜麻といった作物のことや、人口動態さえも軍事機密として扱われており、地図や絵図もだめ。
困難な中での執筆となったことなど、当時のようすが伝わるお話でした。

平和を語るつどいでは、これまで戦争体験をお聞きすることが多かったのですが、今回は歴史を綴るということについて学ばせていただきました。
参加者は会場にいっぱい。
本当に有意義なつどいでした。

今年のホルスタインショー [まちの話題]

昨日、このブログへのアクセス状況をチェックしましたら、
「江別ホルスタインショー開催日程」との検索ワードがありましたので、
今日、市役所の農業振興課に行って聞いてきました (^о^)

今年は7月26日(土)だそうです!

また、アクセスしてくださるかな?


ちなみに、やきもの市は7月12日(土)、13日(日)です。


以上です (*^^*)


前の10件 | - まちの話題 ブログトップ